賃貸でお部屋選びの際に、ペットは飼っても良いのかをまず確認する人も多いと思います。ペットは大事な家族なので、置いていくことはできません。賃貸への引越しを考えるのであれば、まずは何より第一にペット可能な物件探しをするところから始まると思います。なぜそこまで優先性が高いのかというと、やはりペットを飼ってはいけないという物件が多いのです。賃貸はあくまで借り物の物件なので、ペットに内部を汚されるというのは、不動産会社にとって痛手なのです。

ペット可の賃貸を見つけたとしても、まだ油断は禁物です。ペットのことですから、物件内部に傷を作ったり臭いを残してしまうことが考えられるのですが、その時は原状復帰の決まりに従う必要があるかと思います。現状復帰とは、退去前にお部屋の状態を元に戻す義務のなので、ペットの責任は飼い主にある以上は、修理費用を支払う必要が出てくるものなのです。ペット可の物件であったとしても、原状復帰は大目に見てもらえるものではありませんので、ペットが粗相をしないようにしっかりしつける必要がありそうです。

賃貸の修理費なのですが、一部は敷金から負担されるようになっています。敷金の要らない物件もあるのですが、ペットと共に引っ越すのであれば、あえて敷金の必要な賃貸を調べるのも良いかと思います。