東京都内にも埼玉県内にもアクセスが便利な池袋は、都会的な雰囲気と素朴な雰囲気が受けて賃貸物件の人気も高いエリアです。
JR・私鉄・地下鉄が走っていることもあり、住みたい街の上位に食い込んでいます。
埼玉寄りのためか、家賃も若干ですが安いところが多いため、学生や初めての一人暮らしにお勧めです。
「池袋の賃貸 豊島区のマンション・アパート物件情報[ミニミニ]」で、最高の賃貸物件を探してみませんか?→こちらのサイト

池袋賃貸ナビには、こだわり検索が充実しています。
あまり家賃にお金を掛けたくない方のための「家賃5万円台の物件」、ペットともに賃貸物件に入りたい方のための「ペット相談可物件」、新婚生活を充実させたい方のための「新婚向け物件」など、一人一人に合った検索がかけられるので便利です。

お伝えしているのは物件だけではありません。
池袋の街を紹介するページや、グルメ情報・ショッピング情報・アクセスガイドも充実しています。
池袋と言ってもエリアは広いですから、池袋駅から少し離れれば静かな暮らしが見込めます。
実際に足を運んでみて「騒がしいイメージが一変した」と仰る方も多いです。
まずは物件を見学し、満足のいくピッタリの部屋を見付けてみてください。

地盤調査、土壌調査等の課題解決ならジオ・フロントのフィールドワーク近年は新しく家を建てる前に、その土地の地盤検査をすることが当たり前のことになってきました。
家を建てるのに十分な強度がある土地でなければ、家を建ててはいけないということが、法律でも決められています。
この法律は以前はなかったのですが、家を建てた後に地盤沈下などが起こるトラブルが多く発生するようになったために、そのように定められたのです。

個人で家を建てる場合も同様に地盤調査は必要です。
どこでそんな調査を受ければ良いのか?そう思いますよね。
おすすめは「ジオ・フロント」http://www.geo-front.jp/work/work01.htmlです。
「ジオ・フロント」は、地盤調査、土壌調査専門の業者で、平板載荷試験などを始め、適切な検査法で地盤調査を行います。

開いた載荷試験とは、専門の機器を使って、荷重と沈下の関わりを調べる試験のことです。
これは、その土地に家を建てた場合に地盤沈下が起きないかを調べるためのものです。
更地の時には何も起こらなくても、家を建ててからその重さによって地盤沈下が起こるケースが増えているので、このような検査は必ず受けなければなりません。

平板載荷試験は、信用性の高い試験なので、是非、おすすめしたいです。
詳しくは、「ジオ・フロント」のホームページでご確認ください。
他の試験の説明も色々と説明してありますので、そちらの方も是非、参考にしてください。