マンションオーナーのみなさま、所有しているマンションの築年数は古くありませんか?
一定期間以前に建てられたマンションは耐震や強度などの面で不安がある可能性があります。
また、外観や内装の古さの影響で退居する方が増えてしまうという面も懸念されるでしょう。

今注目されているのは”マンション再生”です。
その名のとおり、マンションの建て替えを行って上記の心配面を払しょくする狙いがあります。

本日ご紹介するのは、大手総合商社で知られる『丸紅』の建て替え事業です。
大規模修繕や改修、建て替えなど、老朽化した物件の再生をサポートしています。
意外と知られていないのですが、50年以上のマンション供給の経験を駆使して最適なマンション再生の提案やサポートを行ってくれるのだそう。

建て替えを行うことで資産価値が上がり、さらにそこから入居者が増えるという流れが期待できるでしょう。
また、年配の方でも住みやすいバリアフリー、エレベーターといった設備を導入することも可能です。

幅広い情報を網羅している丸紅だからこそクオリティーの高い再生事業を行ってくれること間違いなし。
詳細をご覧になりたい方は、公式ホームページをご覧ください。
私がおすすめの[公式]丸紅のマンション建替え事業 | 老朽化マンションの再生(建替え・修繕・大規模修繕・改修)をサポートします。

賃貸でお部屋選びの際に、ペットは飼っても良いのかをまず確認する人も多いと思います。ペットは大事な家族なので、置いていくことはできません。賃貸への引越しを考えるのであれば、まずは何より第一にペット可能な物件探しをするところから始まると思います。なぜそこまで優先性が高いのかというと、やはりペットを飼ってはいけないという物件が多いのです。賃貸はあくまで借り物の物件なので、ペットに内部を汚されるというのは、不動産会社にとって痛手なのです。

ペット可の賃貸を見つけたとしても、まだ油断は禁物です。ペットのことですから、物件内部に傷を作ったり臭いを残してしまうことが考えられるのですが、その時は原状復帰の決まりに従う必要があるかと思います。現状復帰とは、退去前にお部屋の状態を元に戻す義務のなので、ペットの責任は飼い主にある以上は、修理費用を支払う必要が出てくるものなのです。ペット可の物件であったとしても、原状復帰は大目に見てもらえるものではありませんので、ペットが粗相をしないようにしっかりしつける必要がありそうです。

賃貸の修理費なのですが、一部は敷金から負担されるようになっています。敷金の要らない物件もあるのですが、ペットと共に引っ越すのであれば、あえて敷金の必要な賃貸を調べるのも良いかと思います。